普通車 車検費用 相場 見積もり

普通車の車検費用はいくらが妥当なのでしょう

普通車の車検は最低限必要な法定費用と不具合などによって交換されたパーツ代などによる整備費用があります。

 

 

 

1トン以上の自動車であれば7万円程度が最低限必要な法定費用になってきます。パーツ交換をした場合は、10万円以上になってしまうこともありますので、自動車の状態で車検費用が上下する場合も珍しくはありません。

 

 

 

法定費用と呼ばれる基本的な税金や自賠責保険は、決まった金額になっていますので、どこの工場に車検を出しても同じです。

 

 

 

法定費用とされている部分は、自賠責保険、重量税、印紙代になり、以下が法定費用の合計金額となります。

 

 

・1トン以下の小型車の場合 42450円

 

・1トンから1.5トンまでの場合 50650円

 

・1.5トンから2トンまでの場合 58850円

 

 

 

 

重量いついては車検証に記載があるのでご確認ください。

 

 

 

車検の料金の違いは、手数料や代行費用、整備費用などが異なる為、一律でいくらと言うことではありません。

 

 

 

最近の車検専門店では、価格競争で料金がかなり安く出来る店舗もあります。車検費用では、整備しなければいけない場合の交換パーツと、車検を通すのには関係ないが整備したほうが良いと判断されて交換されるパーツもあります。

 

 

 

車を預けるときに簡単なすぐに見れるポイントは見て判断しますが、ブレーキパッドなど分解などを伴う場所については事前に追加1万円までなら交換してください。とか、追加費用がある場合は連絡して下さいなど事前の調整が必要です。

 

 

 

自動車の状況によって車検価格は変ってきますので、Aという業者では7万円だったが、Bという業者では20万円近くなったと例もあります。何も知らないであちこち部品を交換されて大きな出費となっては困りますからね。

 

 

 

検査料金の価格もありますが、整備代、交換するパーツなどをの説明を聞いてからでないと、驚くような金額を請求されることもありますので、車検の見積もりを取って価格に納得してから車検を受けられることが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

概算の普通車の車検費用についてはこんな感じでよいかと思います。

 

 

 

・1500CC以下 8万円程度

 

・1500〜2000CC 9万円程度

 

・2000〜2500CC 10万円程度

 

 

 

 

 

 

前後分については業者さんによって違いがあるので正確な金額が知りたい場合は見積もりをお願いしたほうがよいですが、それでもやはり追加部品等は別途と言うことでの見積もりとなるでしょう。

 

 

 

もしかしたら知らないだけで実はあなたの近所にも車検を安く仕上げてくれるお店があるかもしれません。車検価格の比較をすることであなたの予算にあったお店を選ぶことができるので調べてみるとよいでしょう。

 

 

 

お店によっては早割りなど割引サービスもあるので、早期予約すればより車検費用を安く抑えることが可能なので、早期予約割引のある車検店舗で車検を受けることをおすすめします。

 

 

 

車検は満了日の1ヶ月前から更新することが出来ますが、余裕を持った日程でどこに車検を出すのかを検討するようにして下さい。ぎりぎりになると代車を借りれないとか、安く仕上げようとしていたのにいっぱいで結局高い車検費用になってしまった。とか、仕方なく近所のスタンドに車検を頼むことになった。。。

 

 

 

予算や予定通りにするためにも余裕を持って車検の依頼をしましょう。出来れば、工場と事務所が一緒のところがいいですね。受付と工場が別の場合は不安がのこりますし、あなたの車を不用意に移動させないといけません。

 

 

 

知らない人に車を運転して欲しくない人は大切なポイントになりますので、まずは自宅近くの車検出来る場所を調べましょう。

 

 

 

 ⇒ 車検費用っていくらなの?

 

 

 

 

代車無料サービスもいいですね。場所によっては代車なし、代車有料もあるので、事前にチェックが必要ですね。

 

 

 

クレジットカード、車検ローンOKというのもうれしいですね。車検はまとまった費用が必要となるので、大きな出費を控えたい時に便利ですからね。

 

 

 

今回の車検はどうしても安く抑えたい方は ユーザー車検 も選択肢の一つですね。

 

 

 

 

 

 

 

初年度登録から10年超えた車の場合

近年は自動車を長く乗る人が多くなりましたので、10年以上乗られる人も多くなっています。自動車自体も丈夫で長持ちするので乗り換える機会が少なくなったのかもしれません。

 

 

 

平成7年までは、10年以上越えた車については1年後との車検を受けることになっていましたが、法改正がありまして通常の2年になりました。ただし用途によって違いますので注意しなければいけません。

 

 

 

11人以上乗れる自家用車、レンタカー、幼児運搬車、普通8トン以上、小型8トン未満は1年毎になっています。ナンバーでも確認できますが、1、2、4、6、8が分類表番号、例えば、新潟100ですと一年毎になります。

 

 

 

例の場合は、新潟の次に来る数字が該当します。

 

 

 

ディーゼル車は10年、ガソリン車やLPG車は13年以上経過してくると、自動車税が10パーセント高くなりますので注意してください。

 

 

 

昨年よりも自動車税が高くなった。。。その時は所有している自動車が初年度登録から10年以上経っていると言うことです。

 

 

 

また10年以上を越えてくると、不調になってくる箇所も多くなることがあるでしょう。

 

 

 

しっかりと点検を行なって自動車の不調を直して、公道を走ることも大切になってきます。

 

 

 

車検を通すだけの業者ですと、不調や不具合を見落とす可能性もありますので、信頼できる業者にお願いすることも大切になってきます。

 

 

 

また10年以上の自動車の場合は、パーツ類が入手しにくくなることも考えられますので、不調や不具合を感じているのであれば、早めに車検に出して、点検を行いパーツを交換してから車検に出すと良いでしょう。

 

 

 

車検が切れた場合には、車検場に持っていく必要がありますので、仮ナンバー申請や積載車での車検場への移動手段を考えなければいけません。

 

 

 

10年落ちの自動車でも現役として運転することは可能です。しかし、外見だけで判断することは出来ません。

 

 

 

例えば、走行距離が少ないからといってもタイヤにヒビが入っていませんか?ゴム類、パッキン類は見えないところでたくさん使われています。

 

 

 

10年も経てば経年劣化が発生します。いわゆるオイル漏れの原因となるところですね。また、ベルト類も同じです。タイミングベルトなどは目に見えない箇所のベルトなので、距離だけでなく、年数によって交換する必要があります。

 

 

 

所有する自動車の状況から車検を受けて乗り続けるか、乗り換えるのか判断する必要がありますね。

 

 

 

車検で迷ったら・・・

 

 

 

 

 

 

車検費用がないので格安で仕上げたい場合は

車検を受けたいけど今回は最低限の費用で抑えたい場合もあります。

 

 

 

予算はあるけど別に使う予定があるので車検代にお金のかけたくないときは格安で仕上げてくれる車検屋さんを選ぶ必要があります。そのためにもどこが安いのか知る必要があります。

 

 

 

ちゃんと整備も受けたい方、格安で車検整備を受けたい方は比較して車検費用をチェックしてくださいね。

 

 

1630以上の掲載からあなたの近所にある車検店舗を検索し、まとめて金額を比較してくれます。とても割引率が高く最大で車検基本料の77%もオフとなる格安の車検検索ができます。

 

最短30分で車検とメンテナンスの作業が完了。そして予約もインターネットから24時間受付できるので忙しい方、毎日使う方にはぴったりの車検です。

 

車検か乗換えか迷っている場合には便利ですね。取り扱い店舗379の中から比較検索してくれます。

 

 

ラインポイントの貯め方