自賠責保険と任意保険

自賠責保険と任意保険

自賠責保険は、自動車の所有者が公道を運転する上で、必ず加入している保険になりますが、この保険では事故をした場合に、人身事故による対人のみの保障で、法律で決められた保障内容になります。

 

 

 

必ず入らなければいけませんから、強制保険とも呼ばれています。

 

 

 

自動車修理などは保険が支払われない為、修理金額は自分で払わなければいけません。

 

 

 

任意保険は、保障内容によって支払われる金額が変ってきますが、物損事故、人身事故について保証されます。

 

 

 

強制ではない為に加入していない人もいるのですが、加入した方が安心して自動車を運転できるでしょう。

 

 

 

対物、対人などの項目で無制限の支払や上限設定のある物もありますが、対物や対人は無制限にしておくほうが安心と言えます。

 

 

 

踏切内で止まって事故をした場合は、相当額の金額を請求されることがあります。

 

 

 

数千万円から数億円になると聞いていますので、任意保険の無制限設定にしてあれば保険会社から支払われますが、任意保険に入っていないと考えると支払が大変なことは想像できるでしょう。

 

 

 

人身事故の場合も、後遺症なども考えられますし、玉突き事故などを起こした場合は保証しなければいけない金額も多くなります。

 

 

 

ブレーキトラブルなどで、民家や工場に追突した場合もかなりの請求額が来ますから、任意保険に入らないでこのような多額の請求を支払えるか考える必要もあるでしょう。

 

 

 

一括での支払が難しい場合には、分割支払や毎月の支払制度になっている保険もあります。

 

 

 

自分は事故はしないと思っていても、自動車の状況、天候、道路状況などによって事故をすることもありますから、任意保険に入ることをお勧めします。

 

 

 

任意保険と言うことで強制力はありませんが、ほぼ強制保険として考える必要があります。

 

 

 

自動車保険は多くの方が自動車所有期間において1回も使わないかも知れませんが、万が一のため保険なので、いざと言う時に上限を超えて自己負担などになったら馬鹿らしいものです。

 

 

 

十分な保障内容を選択して万が一のときに備えるものが自動車保険の役目です。