自動車保険と過失割合

自動車保険と過失割合

自動車事故において最も面倒なものが過失割合です。過失割合とは事故の原因に対する割合のことです。

 

 

 

つまりどっちが悪いのか?ということですね。しかし、双方運転中の場合事故お互い様なのか、相手のほうが多少悪いのかそれとも自分のほうがかなり悪いのかというところでもめるところです。

 

 

 

この割合については警察では教えてくれません。しかし、事故を起したときに警察官立会いの下実況見分をするはずです。

 

 

 

そのときに、しっかりとあなたの意見を伝えるようにしましょう。警察官はあなたの意見と、相手の意見を元に事故調書を作成します。

 

 

 

後々にこれが過失割合を決める元になるので、うそ偽りなく警察官に伝えましょう。

 

 

 

通常は加入している自動車保険の担当者同士で、話し合いをすることになります。当事者同士では素人なので出来ないため多くの場合は担当者同士で話し合いの後に過失割合を決め、損害額を出す流れです。

 

 

 

 

今も昔も交差点での事故は多いです。そこで自衛策としてのアイテムをご紹介します。

 

 

 ドライブレコーダー というものです。

 

 

これは自動車のフロントガラスに本体を設置する簡単なものです。万が一事故にあった場合にこのドライブレコーダーが状況をしっかりと録画してくれるので、後々に役立つことでしょう。

 

 

 

例えば、信号が赤だったとか、青だったとか当事者同士しかわからない場合ですね。こんなときこのドライブレコーダーに信号機が写っていたならば。。。

 

 

 

あなたの主張している私の見た信号機は青でした。ということが立証されるわけですね。そんなに高いものではないので、検討することもよいでしょう。