車検 必要書類

車検に必要書類はなにがあるのでしょうか?

車検を受ける際には、必要な書類があります。領収書と勘違いしている人もいますので注意が必要です。

 

 

 

毎年4月もしくは5月になると郵送されて来る自動車税の納付通知が来ますが、その時の納税証明書が必要になってきます。

 

 

 

車検を受ける場合に必要な納税証明書と領収書が一組なっていますので注意してください。

 

 

 

コンビニなどで支払っていきますが、その時に日付が入っていることを確認する事も大切です。日付が入っていないと無効になってしまいます。

 

 

 

他にも車検証、自賠責保険証書が必要になりますが、自動車のグローブボックスなどに、車検証と一緒に入れてある場合が多いですから確認しておきましょう。

 

 

 

車検を受ける場合には、認印でも良いですか印鑑が必要になりますので用意します。

 

 

 

他にも申請書類がありますが、ディーラーや車検を請け負う企業に出す場合には、代行していただけますので、自分で書く必要がないことが多いです。

 

 

 

ユーザー車検を受ける場合には、必要な書類を近郊にある陸運局の支局に確認をして予め用意しておくと、手続きがスムーズに進みます。

 

 

 

納税証明書、車検証が無い場合には再発行手続きを行なえますので、納税証明書は都道府県丁に問い合わせて、車検証は陸運局の支局に問い合わせると良いでしょう。

 

 

 

仮に車検証に不備があってそのまま走行をしていると、30万円以下の罰金が課せられますので注意してください。

 

 

 

軽自動車の場合は、軽自動車検査協会が行なっていますので問い合わせると良いでしょう。他にも駐車違反などの違反金を払っていない場合には、車検が受けられないので注意しましょう。