指定工場と認定工場の違い

指定工場と認定工場の違いって?

どちらも工場と名前が付いていますが、指定工場と認定工場では違いがあります。違いがあるからといっても車検を受けることは出来ますので、安心して車検を任せても問題はありません。

 

 

 

認定工場は、国土交通省陸運局長の認可を受けて、自動車整備の業務を行なっている工場になります。点検や整備、分解などは認定工場で出来るのですが、その後の工程については陸運局の支局に自動車を持ち込んで、車検を受けなければいけません。

 

 

 

認証工場というのもありますが、認証工場が優良だと認められた場合には、認定工場になりますが、認証工場と認定工場で設備での違いはありません。

 

 

 

認定工場の場合は、陸運支局に自動車を持ち込まなければいけませんから、当日お願いして、当日に車検が終わっているとは限りません。

 

 

 

指定工場は、車検のラインを持っていて、車検をする場合に全ての作業がその工場で出来る所になります。陸運支局に書類を提出するだけで車検の工程が終わりますが、新車販売のディーラーで車検を受ける場合、車検を専門に行なっている民間車検はこの指定工場になるでしょう。

 

 

 

格安車検を行なっている場合もこの指定工場である場合が多いです。後日車検のシールや車検証を受け取るだけになりますので、手続きもスムーズに済みます。

 

 

 

どちらが優れていると言うようなことはありませんが、しっかりとしたサービスを行なっている工場にお任せするのが良いでしょう。

 

 

 

何か不具合があった場合は、パーツがあれば工場で交換して車検を受けるのは変りません。

 

 

 

毎日車を使っている人などすぐに自分の車を使いたい人は指定工場で車検を受けたほうがよいかもしれませんね。事前に予約を入れておけば早ければ2時間程度で車検が終わります。

 

 

 

もちろん、車検証の交付、ステッカーなどは後日となりますが、その間は指定工場で整備済みなので、車検しょうがなくても運転は可能です。

 

 

 

早ければといったのは交換部品がなければという事になります。走行も多い、かなりハードに使っている方は事前に車を持ち込んで、事前チェックなどしておくほうがよいでしょう。

 

 

そのときに、ブレーキなど消耗部品の交換について打ち合わせをしておくと車検がスムーズにできるでしょう。

 

 

 ⇒ 近所で安い車検を比較