車検切れに

車検切れになったらどうしよう

車検切れになった場合は、そのままの状態で公道を走ることは出来ません。仮に車検切れのままで公道を走行してしまうと、車検の無い車として違反になり、免許証は違反点数6点と、30万円以下の罰金か6ヶ月以下の懲役になりますので注意してください。

 

 

 

車検の切れた車が、自宅の敷地内にある場合は問題ありませんが、有料駐車場などを利用している場合は、自宅までの運転も出来ませんから、積載車などで運ぶ必要がでてきます。

 

 

 

車検が切れている場合のほとんどは自賠責保険も切れていますので、車検切れの確認は、車検証や自賠責保険で確認することが出来ます。

 

 

 

自賠責保険は、加入すれば問題ありませんので、保険会社、自動車販売店、修理工場、郵便局などで加入しましょう。ただし車検切れになっていますから、自動車を運転することは出来ません。

 

 

 

車検を受ける必要がありますから、車検場に持っていく手段を考える必要がありますが、積載車に乗せて持っていく方法と仮ナンバーを申請して仮ナンバーで移動する方法です。

 

 

 

積載車は自分で手配しても良いですし、購入した自動車販売店にお願いして車検取得代行をお願いするのも良いでしょう。

 

 

 

仮ナンバーは、市町村役場や陸運局の支局で交付してもらえますので、車検切れしている車検証や抹消登録証明書などの証明できる書類、自賠責保険証明書、運転免許証、印鑑を持って申請をすることが出来ます。

 

 

 

仮ナンバーを取り付ければ公道を走行することが出来ますので、車検場にもって行き車検を受けて公道を走行します。しかし、仮ナンバーには有効期間がありますので注意する必要があります。

 

 

 

車検が切れてもこのような手段で車検を受け、有効期間を更新することは出来ますが、場合によっては無保険状態であることに注意が必要です。

 

 

 

万が一人と接触してしまった、物にぶつかってしまった。という場合は損害賠償の責任が発生する可能性があります。

 

 

 

場合によっては修理部品が車検までに間に合わないということもありえます。車検は2年に1度のことなので、忘れがちになりますが、とても大切なことなので、車検が切れることのないように十分余裕を持って車検を受けることをおすすめします。

 

 

 ⇒ 近所で安い車検を比較